人類の創意工夫と勇気の証人

J4さんの怠惰な毎日 ツイッターのIDは@J4_146です 気軽にフォローしてね

地下鉄で死んだ男がいる でも誰も気付かない

ぼく、メンヘラ治った気がする。

本当に。

 

ODで入院してから一か月しか経ってないじゃないか って思うかもしれない。

でも本当に治った気がする。(元々自称していた訳ではないが)

なんでそこまで確信できるかは後で書くとして。

なんせ退院してから一度腕を切っただけでその後から全くメンヘラっぽいところがない。

希死念慮も完全に吹き飛んだ。

リストカットも全くする感じが無くなった。

Twitterの裏垢で全くつぶやかなくなった。

人にも完全にメンヘラっぽい依存感は無くなった。(会えないから腕を切るとか…)

昼間ぶらぶらしてても急に焦燥感みたいなのが出てくることが無くなった。

よくネタでメンヘラじゃないからメンヘラの気持ちわかんない~~とか言ってたけど、実際は「まあ気持ちはわかるけど今はそんな感情にならないしなあ」といった具合に本気で思うようになった。

いきなりベッドで泣き出したりしないし、なんか全体的に「一人でも大丈夫」感がする。

 

健常者ってこういうことなのかな!?

ちょっと寝れなかった事とかもあったけど、それくらい普通の人でもよくあることだと思うし。

そもそもこんな気分の時にブログ書こうなんて思わなかったんだ!前は!

なんか今なら余裕で働けるし健全な生活を送れる気がしてきた。いや、涼しくなるまで働く気はあんまり無いけど。(だめじゃん)

そもそもそういう楽観視できてること自体がいい事なんですよ!多分。

なんか余裕ができたというか、学生の時とかこんな感じだったかなって気がする。

むしろあの時より切羽詰まってなくてすごい清々しいっていうか。

 

この治った気がする、治った!って感情には決定的な証拠がある。

なぜなら前は治ったとか冗談でも思わなかったから。

完全に確信に変わるのには時間が少しはかかったけど、前なら絶対思わなかっただろうし、ここまで強く思えるのは初めてだから本当なんだと思う。

いや本当でなければ困る。

 

というわけでJ4さんは1抜けたのだ、お疲れくらいは誰かに言ってもらいたいけど1、2名に馬鹿にされるだけでしょう。

ぼくは知ってるんだ。

 

 

雑な終わり方だけど世のメンヘラ諸君には頑張っていただきたい。

しろたん むぎゅ

入院してから家族がなーんとなくやんわりやさしくなったので(特に父親)、いろんなついでにショッピングモールに行ってしろたんを買ってもらった。

一番大きい奴。

一番シンプルな何も着てない奴。

 

これがかわいい、とにかくかわいい。

かうまえからかわいかったけど買ってからはもっとかわいい。

かわいいというか愛おしい。

一日中話しかけてる。

「おやすみー」とか「おはよ」とか、「ねー」なんて同意求めたり、疲れたら「つかれちゃったねー」って撫でる。

しろたんしろたんって、言いながら撫でてるだけも、とっても心が満たされる。

 

なにがいいたいかというとしろたんおすすめです。おっきいほうがいいですぜったい。

でも多分傍から見たら変な人です絶対。人形に話しかける変な人。でもかわいいんだもん、会話したくなるんだもん。

初めてしろたんと会話したときからもうメロメロでしたね。

あ、でもさっきおっきいほうがいいっていったけど、だっこしたいなら一番おおきいのより一つ下がいいかもです。おっきいのは一緒に寝る用。

100cmはいっしょにパソコンするのはちょっと無理があるかな。

 

 

全然関係ないような話をするけど、最初本当にしろたんがほしいって思った時、好きな人と一緒に布団に入ってて間にしろたんがいたんです。それがなんか子供みたいですっごい可愛くて。

中学生の時から子供はいらないって思ってたけど、心のどこかでちゃんといたらいいなとか思ってるのかなとか考えたりして。

 

うん、しろたんお迎えしてよかった。

みんなもしろたんお迎えして、一緒に布団で癒されればいいよ。

秒間一針 入院した話

入院してました。

ちょっと色々とあって、リスカの代替に薬を一杯飲んだんです

レボトミン5㎎60錠くらいでしょうか 大した量じゃないですけどほぼ未耐性のぼくにはそれをまともに受け止めきれなかったようで、すぐ昏睡して夢遊もしてたみたいです。母親に発見されて声をかけたときにはまるで赤ちゃんの様な状態になってたようで、すぐに近くの病院に運ばれて、そこでは胃洗浄できないから、とまた別の病院に行かされることに。そこでも完全に薬が回ってる人間の処置をできないって事で別の大きな病院へ。

ここで人生初めて救急車に乗りました。(意識無かったけど)結構病院から病院まで遠かったので、その間通った道を通ってた運転手さん、ごめんなさい。

 

そのまま昏睡して一日たって、目が覚めたのは次の日の深夜で、「あっ運ばれたんだな」くらいに思ってパニックにはなりませんでしたが、職員さんがとっても冷たかったのは覚えてます、まあODで運ばれてくるとか、最悪な患者でしょう、冷たくなるのもあたりまえです。

 

ちなみにぼくが入れられたのは緊急(?)で大部屋にほんとうに若干仕切られた部屋があるだけで、中央にスタッフがあれこれするようなところがあって、全く落ち着かなくて深夜に起きてしまったので寝るのに凄く苦労しました。ICUとはまた別だとおもいます、病院の事は詳しくないので良く知りませんが…。

ぼくは処置中は両手両足を全部固定されてて、何回か口ではずそうとしてみましたが、はずれないものですね、マジックテープで簡単に止められててるだけなのに。

 

結局胃洗浄とかはされたのかよくわからなくって、処置とかも母親は話してくれないし、よくわからなかったです、たぶん普通に点滴多くして体外に排出させてただけなのかな?そういえば初めて尿道カテーテル入れました、意外と太いんですね外から丸見えなので覗いたりはしなかったですが。尿意が全くないというのは不思議な物です。

抜くとき気持ちよかった。

 

寝不足のまま朝になると、先生(この制度がいまいちわかりません。他の人は看護士ってことなんでしょうか、○○したいといっても自分は無理だよーって言われて断られること多かったですし)が来て、採血とかの結果を見て退院を判断するって言ってたのですが、なにも検査せずに即退院でしたね、母親もほぼ向かってて、すぐついたので。下着と服を持ってきてくれました(下着に関しては多分しないまま昏睡していたのでしょう…)

 

そういえば意識が混濁してる間に滅茶苦茶痛い注射?を指か手あたりに打たれた気がするのは気のせいでしょうか、本当に意識が混濁していて全く覚えてないけど痛い事されたってことくらいしか頭に無いんです。

多分その間抵抗とかしてたんでしょうけどやっぱそれも覚えてないんですね、今更聞く気にもなれませんが…

 

ちなみに医療費は自殺だと保健不適応と言いますが、通院していた精神病院の名前を出したからでしょうか、保険適用でその他の免除もうけられるそうです。10万円くらいあってメンヘラとして入院するっていう称号と、苦痛を味わいたいなら一度ODで運ばれてみるものいいんじゃないでしょうか。

 

ぼくはホル剤以外の薬全部没収されましたが。

 

馬鹿げた部屋の隅で

ある程度お付き合いのある人とか、あるワードからツイート検索で飛んできた方は、ぼくの事を「体を売ってる人」と認識してる人も多いと思いますが、売るだけじゃなくて一度だけ個人で人を買ったことがあります。

いわゆる逆援ってやつで、あまりにも寂しすぎる時に買わせてもらったのですよね。

まあ詳細をここに書くのはどうかと思うのであんまり詳しくは書きませんが、とにかく良かったんです、ホストとかに入れ込む女性がいるのもわかります。

 

もちろんお金は払ったんですが。

逆に言えばお金さえ払えば誰でも簡単に疑似恋愛的なことが体験できるんですよね(相手の技量やサービス、自分の態度や金払いにもよります)。

何が言いたいかというと、恋人やそういう関係の人と上手くやっていくには、相手を買うことも必要なんじゃと思ったんですよね。

むしろ、いつも実質いろんな物を事を払ってもらう=買ってもらうわけですから、こちらからもそのお礼をするべきで、対等でいられなくなったら、与える側と与えられる側だけになってしまったらそれは恋人という関係ではない気がするんですよね。

ただこれは人によって考え方が違う事が多いようで、いろんな考え方をする人がいます。

 

でも、上記の話は他人との関係でも言えることで、対等な間柄であれば(上司、部下。親、子のような関係を除いて)、金銭のやり取りにおいても対等であるべきで。それは恋人の関係とは違ってほぼ常識の様なものですよね。

 

なんの違いなんだろう、書いてて何が言いたかったかわからなくなった。

つまり自分は独占欲を解決する方法として金銭のやりとりがしたいんだろうか、そうだとしたらとっても悲しい事だと思う。するべきではない。

関係を長持ちさせる方法として? …それも見方によっては独占欲のようなもので同じ。

だとしたらそれを正当化する方法は?

多分相手にこの事を認めてもらう事でしょうね。

 

 

わけわからない話をして濁しているけど、つまり金で自分の独占欲をどうにかできるんじゃって一瞬でも思った自分が心底気持ち悪いんです。

実際はもっと長い時間考えてましたけれど。

そんなこと考えて、されてもきっと嬉しくないだろうなという感情の方が勝ってしまいます。

嬉しかったら言ってください。

 

 

 

あああもっと渡せばよかった。

確固たる理由なんて無くても、涙なんて勝手に出てくるものなのだ。

飼いたい。

抱いて寝たい。

そんな事を言われた。

 

ぼくだって飼われたい、飼われたいし役に立つならずっと抱かれてたい。

 

でもそんなことできないよね、絶対しないよね、絶対できないよね、無理だよね。

いろんな距離があって、壁があって、触れちゃいけない所だって諦めないといけない所もあるよね。

そういう距離感の中で成立してるのかな、ぼくって。

そうだとしたらもうこれ以上踏み込めないね、これ以上近づいてはいけないよね。

何にでもバランスって物があるんだから。

できないことを望んではいけないし、それを伝えるなんて絶対にダメだ。

こんな見ているかもしれない所に書く時点で、見つけてほしいのかもしれない、伝えたいのかもしれない。

ううん、伝えたいよ、ぼくはいつもあまり喋らないかもしれないけど何処かに書き起こさないとどうしようもない位ぐちゃぐちゃに歪んでしまってる。

こんな事が週に何回あるんだろう。月に何度考えるんだろう。

この文を書いているだけで頭がぐらぐらして視界が歪む気さえする。

 

あなたから離れるくらいなら、と思う時もある。

近づいてなんてないのに、近づけないのに、それでもこれ以上離れたくないって願っちゃうんだ。

今だって無理させてるかもしれないのに、ぼくは傲慢だから。

でも今は本当にあなたしかいないんだよ。

 

 

ぼくはあなたに飼われなくていい。

ぼくはあなたの奴隷でいたいよ。

多分それがぼくに許された限界の距離なのだと思う。

それ以上は近づけないし、近づいてくる事も無いんだと思う。

煙草を吸って

正気を保つ

 

体調が最高に悪いのに気分を落ち着かせる方法が翳り空を見ながら煙草を吸うって言うのもどうかと思うけど、雨風が冷たくて気持ちいいんです。

自分から不健康の沼に入って行ってるんだよね。

 

ここまで体調が悪くてベッドに寝転がってるだけになると、色々考え事をしてしまうから良くない。

主に思い出すのは過去の事。

今日は懐かしい人を思い出してしまって起きてからご飯を食べながら泣いてた。

良くないけど、思い出して、考えてしまうのだから仕方ない。

 

最近雨の日はなぜか大抵出かけてて、人にも会うから気が紛れたのだけれど、一人だとどうしてこんなになってしまうんだろう。

 

正直ぼくは自分の事を病気だなんて思えない。思ってない。よくわからない。

ただそれで失敗した経験だけはあるのだから、余計にぼくを混乱させる。

今までの失敗は全部偶然なんじゃないだろうか。

良くないことがたまたま重なって起こった偶然で、境界性人格障害なんて持ってないんじゃないのかな。そもそも診断されたことは無いし。

こういう事書くから嫌われるんだろうな。

 

 

 

未遂した

いけるとおもった

死ねると思った

だめだった

三回やって最後はケーブル類を吊ってたところが折れた

首のまわりは痛い

ケーブルは二本無駄にした

死ねると思った

早朝5時過ぎ、早朝覚醒のぼくを止められる人なんていないと思った

失敗した 全部 全部全部全部

次も失敗するんだろうか

何も心配すらしない母親が部屋に居座ったりするんだろうか

死ねばいいのに。みんな

とにかくつらい

何かしてると死ぬことで頭がいっぱいになる

死ねば何か変わるかもしれない

死ねば妹たちがちょっといいご飯を食べれるかもしれないし

わからないけど変わるかもしれない

自分みたいに何もかも失敗した人が死ぬ支えになるかも

みんな自殺すればいいんだ

怖くなんかないよ

ちょっと準備を整えるだけさ

 

 

そんなことはいい

風邪がつらいようだ